FC2ブログ

「Open the next life」宮崎 ほほえみの会公式ブログ

特定非営利活動法人(NPO法人)自立生活支援・就労支援・宮崎 ほほえみの会・公式ブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今月は

こんにちは、今年に入って早いものでもう3月ですね。
今月は自殺対策強化月間です。
平成10年以降、3万人を超えていましたが昨年と去年は3万人を下回りました。(平成25年、2万7195人:警察庁調べ)
しかし、私たちが住んでいる宮崎県では、人口10万人あたりで全国で6番目に多く、県内の自殺者の3割が宮崎市民でした。

以前お伝えしたのですが、今回も私たちほほえみの会に相談に来られた方の実例をお話ししたいと思います。

40代の未婚の男性ですが、今まで勤めていた会社が倒産して失業
家族経営の小さな会社だったため、失業保険には加入しておらず失業後は、貯金を使いながら就職活動を行っていました。
しかし、40代という年齢学歴(高校中退で、最終学歴が中学校卒)などの理由で、なかなか就職先が見つかりません。

また、就職に有利になる免許や国家資格等に、企業や団体の認定資格等を持っていなかったので、仕事でのスキルはあるのにそれを証明する事が出来なかったのです。
本人は頑張って就職活動をしていたのですが、世間の目は冷たく協力的だった友人たちは少しずつ離れて行き、家族や親戚もいなかった(出身地は、中京地区、父親は子供の頃に離婚後蒸発、母親は他界、兄弟は無し)ため、頼ったり相談できる相手がいなかったそうです。

収入が無いため家賃や電気ガス水道代、携帯電話料金などの滞納がはじまり、頼みの綱であった貯金も使い果たし、その日の食事さえも困るほどでした。
手元にある、衣類や電化製品に家財道具をリサイクルショップに買い取ってもらい、再就職に不利になると判っていたけれど、所有していた軽自動車や携帯電話の解約に携帯本体の売却で何とか生活をしていました。
売る物もなくなって途方にくれていた時に、知人の紹介で私たちのところに相談に来たのです。

その方は、自殺まで考えていたそうです。
今では、私たちのサポートで普通の生活環境を取り戻し、就職活動に頑張っています。

注:当記事ですが、ご本人にブログの記事にして良いか意向を伝え、記事にする事への承諾を得てブログの記事にしております。当「ほほえみの会」では活動中に知りえた個人情報等は厳格に管理しております。誤解のないようお願いいたします。

生活に困っている…。失業してしまった…。住む所が無い…。
困った事があれば私たちに相談して下さい!

☆お問い合わせ先☆
特定非営利活動法人(NPO法人)
自立生活支援
宮崎ほほえみの会
TEL(0985)27-0155

ボランティア参加者募集中!
公式サイトも右側のリンクからどうぞ!
  1. 2014/03/08(土) 18:13:38|
  2. 近況報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://miyazakihohoeminokai.blog.fc2.com/tb.php/29-0307bb48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。