「Open the next life」宮崎 ほほえみの会公式ブログ

特定非営利活動法人(NPO法人)自立生活支援・就労支援・宮崎 ほほえみの会・公式ブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ホームレスと予備軍

こんにちは!
6月もあと1週間になろうとしてますね。もうすぐ梅雨明け&暑い夏がやってきますが、体調管理を万全にして、乗り切りたいですね~!

今日の更新は、前回の続きになります。

前回の更新では、厚生労働省によるホームレスの実態に関する全国調査で、宮崎県と宮崎市の平成27年調査結果をお伝えしました。
これは、全国におけるホームレスの人数を把握するため、厚生労働省が平成15年より毎年1月に実施している調査で、全国の自治体が公園や河川、駅などを巡回して調査をしています。

でも、ここで問題があります。
調査客体:ホームレスの自立の支援等に関する特別措置法第2条に規定する「都市公園、河川、道路、駅舎その他の施設を故なく起居の場所として日常生活を営んでいる者」とする。
と明記されています。

どういう事かと言いますと、公園や河川敷等でダンボールやビニールシートで簡易的な居住空間を作りそこに定住している、所謂、定住型ホームレスと呼ばれる人が調査対象でなんです。
定住地を決めずに自転車や徒歩で移動を繰り返している移動型ホームレスと呼ばれる人が、調査のタイミングによってはカウントされない可能性が高く、実際の人数はもっと多いと思われている事です。

また、ホームレス予備軍と呼ばれる人を忘れる事はできません。
色々な事情で住む場所がを無くしても、少しのお金で利用できる24時間営業の店舗(ファーストフード・ファミリーレストラン・ネットカフェ・公衆温泉施設など)を住居代わりにしている「ネットカフェ難民」「マック難民」や、自動車の中で生活している人たちの事です。

私たち宮崎ほほえみの会は、従来通りの調査方法では見えない、移動型ホームレスホームレス予備軍など、生活困窮者の方たちが、人間らしい社会生活を取り戻すため、自立支援活動を支援していきます!!
皆様の、ご協力をお願い致します!!

生活に困っている…
失業してしまった…
住む所が無い…
困った事があれば私たちに相談して下さい!


☆お問い合わせ先☆
特定非営利活動法人(NPO法人)
自立生活支援
宮崎ほほえみの会
TEL(0985)27-0155

公式サイトも右側のリンクからどうぞ!
ボランティア活動の参加者
ご寄付、ご支援を受付中です!!
スポンサーサイト
  1. 2015/06/23(火) 18:12:35|
  2. 生活保護

ホームレスの実態に関する全国調査

こんにちは!
梅雨らしい雨が降る日が続いていますね。気分も沈みがちですが、元気を出していきましょう!

今回の更新ですが、厚生労働省よりホームレスの実態に関する全国調査の、平成27年の結果が発表されました。ホームレスの実態に関する全国調査(概数調査)結果について

全国におけるホームレスの人数を把握するため、厚生労働省が平成15年より毎年1月に実施している調査で、全国の自治体が公園や河川、駅などを巡回し調査をしています。全国で6,541人、昨年のと比較すると、967 人(12.9%)減少しているという結果が発表されました。
私たちの住んでいる宮崎県では3人(昨年は4人)、宮崎市では2人(昨年は3人)で、調査開始の平成15年の宮崎県22人、宮崎市15人からすると、着実に減少しています。

私たち宮崎ほほえみの会の担当者のお話では、「ほほえみの会で、各種の取材協力にHPやブログでの情報発信、コミュニティーサークルや市民運動への参加、自発的見回り活動など、生活困窮者の相談窓口としてほほえみの会が周知された結果だと思う。また、家がなくても、行政支援(生活保護)を受けられる自治体のホームレス対策への取り組みも大きい。」という事です。

私たちの活動が、少しずつではありますが確実に実を結びつつあります!
皆さまの協力をお願い致します!!


生活に困っている…
失業してしまった…
住む所が無い…
困った事があれば私たちに相談して下さい!


☆お問い合わせ先☆
特定非営利活動法人(NPO法人)
自立生活支援
宮崎ほほえみの会
TEL(0985)27-0155

公式サイトも右側のリンクからどうぞ!
ボランティア活動の参加者
ご寄付、ご支援を受付中です!!
  1. 2015/06/19(金) 18:00:33|
  2. 生活保護

生活保護費の一部、住宅扶助費(住宅費・家賃)の改訂

こんにちは!
今回の更新ですが、生活保護費の一部、住宅扶助(住宅費・家賃)の改訂のお知らせになります。

現状では、生活保護費の住宅扶助に変更はありませんが今後、住居の面積で減額される予定です。

例として、一人世帯の住宅扶助支給額が現行の29500円より
6平米迄が、21000円
6~10平米が、24000円
10~15平米が、27000円になる予定です。


これは、都市部で暴力団による多数の生活保護受給者を1畳ほどの狭い部屋に軟禁し、支給された生活保護費を「管理する」という名目で、暴力団の収入元としていた事件の再発防止の為であります。

また、家族世帯への支給額も減額の予定で、
例として、2人世帯の住宅扶助支給額が、現行の38300円が35000円になります。世帯の人数により金額が変わる予定です。

厚生労働省が昨年「冬季加算」の減額の方針を固めたのに続いて、生活保護費の改訂です。

自分の支給額等に不安がある時は、社会福祉課の担当ケースワーカーに相談してみましょう。

生活に困っている…
失業してしまった…
住む所が無い…
困った事があれば私たちに相談して下さい!


☆お問い合わせ先☆
特定非営利活動法人(NPO法人)
自立生活支援
宮崎ほほえみの会
TEL(0985)27-0155

公式サイトも右側のリンクからどうぞ!
ボランティア活動の参加者
ご寄付、ご支援を受付中です!!
  1. 2015/06/15(月) 16:53:52|
  2. 生活保護
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。